FC2ブログ

澄華の不定期日記

KOCのLGの住人、澄華の不定期日記。 興味の無い方は、「回れ右」を推奨

予期せぬ遭遇(1)~澄華side~

(これは、ホンの少しだけ前の思い出…)

※この思い出はは、我が友にして好敵手たる「リリティア・コールネス」と共に…。
もしかすると、彼女の日記にも思い出のの欠片が残されているかもしれぬな。

↓思い出の在処
徒然りりてぃあ日記*出張版*



ガキッ…キィーン!

刃が激しくぶつかり合い、火花を散らす。
互いに打ち込み、鍔迫り合いをし…間合いを取る。

何度このやり取りを繰り返しただろう。
実力は伯仲、力は向こうがが…速さは私が少しだけ上…。

「…相変わらず、良い腕だ」

相手の口からその様な声が漏れる。

「光栄です、分隊長…」
「元、分隊長だ」

そう言って、彼女…黒揚羽は微笑んだ。

私がこの任を受けたのは、3日前。
内容は「抜け忍となった上忍の黒揚羽が災いの塔に潜んでいる。早急に処断せよ」…というものだった。

正直、これを受けるかどうかはかなり悩んだ。
黒揚羽は、剣もさる事ながら鬼道の達人でもある。
そして…私の上司でもあった人物だ。
彼女は、私の手の内の「ほぼ」全てを知っている。
だが、誰かがやらねばならぬ仕事だ。

(…他人に手を下されるよりは、私が)

そう思い、こうして塔の内部でやり合っているのだが。
もっとも、他にも理由があるのだが。


「さて、そろそろか…」
「…?」
「一応聞くが…見逃すつもりは?」
「…有ろう筈がないでしょう」
「ざんNeんdA…」

途端に彼女の言葉が聞きづらくなる。
視界が歪み、体が動かない…。
息が…苦しい…。

そう…彼女の鬼道に掛かったのだ。

「お前の手No内は知ってIるかrANA、すMaんが使WAせてもらっta」
「…ぁっ、…っ」
「…JぁあNa」

左肩から右脇腹にかけて、彼女の刀が振り下ろされる。
一瞬を置き、鮮血が吹き出す。
力が抜け、ゆっくりと体が崩れ落ちる。

「まったく、やっと掛かってくれたか…」

そんな声が辺りに響く。
トドメを刺すべく、刀は既に振り上げられている…。

「…何か、言い残す事は?」
『勝負はまダ、ついておらヌ…』
「じゃぁな…」

振り下ろされる刃。
吹き出す血飛沫…。
もっとも、この血飛沫は刀を振り下ろした人間から噴き出したものなのだが。

「な、何故…?」

何が起きたか分からない…という表情を浮かべる黒揚羽。

『何故?ソナタの鬼道、妾の結界の中デ普通に作動スルとデモ?』

対して、獰猛な笑みを浮かべる「私」。
斬られた筈の傷口は…一切無い。

「…呪詛返し、か?」
『ご明察…』
「いつ、から…こ、の結界を…?」
『斬り合いを始めた時かラ…』
「此程の…結界、そなたには…」
『あァ、澄華には無理だろうナ』
「…?どう…い、う意味だ?」
『…「向こう」デ閻魔様ニ聞いてくレ』


……

結界を解除し、後始末をする。
「上」は首もご所望のようだが…裏切り者とはいえ、彼女の変わり果てた姿を晒したくはない。
新たに封鎖結界を張って、遺体を処分する。
報告は…適当にでっち上げれば良いだろう…。


さて、最後に…


「隠れていないで、そろそろ出てきたらどうだ?」
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://panzerfront0927.blog73.fc2.com/tb.php/88-18794371

 | HOME | 

プロフィール

三枝澄華

Author:三枝澄華
名前:三枝澄華(棲禍)・・・(サエグサ スミカ)

雪の深い、ヘイアン北部出身。
忍の父と、祓魔師の母を両親に持つ式神使い。
忍衆に属していたが、とある事情で除隊している。
刀に長苦無で武装し、父譲りの剣・体術と、母譲りの結界術を得意とする。
最近、某所にて…「歩く武器庫」なるあだ名を付けられる(?

高い身長と目付きの悪さが特徴的。

深紅の目をし、黒い気配を纏うもう一人の自分(棲禍)を内に秘めている。


年齢:24歳
背丈:179cm
重さ:死にたいか・・・?
スリーサイズ:・・・死にたいようだナ(紅眼化)!!

式神
・骸骨鎧武者:冥(元辻斬り)
・大狼:白刹那(自由狼:光属性)、黒刹那(常識狼:闇属性)
・大鷹:焔鷹(傲慢:火属性)、凍鷹(卑屈:水属性)

家族
・兄上:紅春(旅立)
・姉上:麗鳴(旅立)
・義姉妹:森雪乃丈
・うり坊:ひげ、らむね、やみなべ

愛刀:雪椿鬼
具足:黒鋼


桔華


ちび助


最新記事


最新コメント


カテゴリ

澄華の不定期手記 (114)
顔絵 (3)
祓魔士の日々(RP) (19)
未分類 (10)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード