FC2ブログ

澄華の不定期日記

KOCのLGの住人、澄華の不定期日記。 興味の無い方は、「回れ右」を推奨

二つの影

文才のない人が、思いつきで書いた拙い文章です。
それに付いてこられる人以外は、回れ右推奨…

「…静か、だな」
そんな言葉がこぼれ出た。

そりゃ、そうだ。
ここは国境線近くの非武装地帯。
ある物はといえば、「外」へと通ずる道が一本。
後は…度重なる戦の残滓がぽつりぽつりとあるぐらいか。

その様な辺鄙な所で、私はとある人物を待っていた。

『どうしタ澄華?怖じ気づいたかカ?』

1人の女性が、私に声を掛ける。
相変わらずの好戦的な声音、独特の話し方…。
私は…この女性が苦手だ。

「…怖じ気づいていて欲しいのか?」
『馬鹿言エ!怖じ気づかれるト、妾が迷惑だから聞いたまデ!!』
「安心しろ、仕事はしっかりやるさ。それより自分の仕事はどうなった?」
『妾が抜かると思うのカ?』
「…まさか」

私がここにいる理由。
それは「外の国」へ逃亡を図っている内通者達を処分する事。
共に切磋琢磨し、里を守ってきた者に天誅を下す…。
所謂「裏仕事」だ。
誰もが嫌がる任。
それをこなすのが私達の役目。

「…さて、仕事の時間だ」

里の方からこちらに向かってくる影。
数は3つ…。
気配も…間違いない、目標のモノだ。

私は溜息を付くと、彼らの行く手を遮る様に道を塞いだ。

「そなたが、追っ手か」
「…舐められたモノだ」
「そなたの剣が如何に立とうと、我等3人の相手が務まろう筈がなかろう!」

私の任を察したのだろう。
私に気が付くやいなや、刀を抜いて私を威圧してくる。


あぁ、そうか。
彼らは知らないのだったな。
私の秘密…。
まぁ、お頭と両親しか知らない事だから当然か。

「…ッ!」

いきなり1人が斬り掛かってくる。
白刃が私の首を狙って振り下ろされる。

『…縛レ』

周囲に私の声が静かに響く。
すると、斬り掛かってきた相手の動きがぴたりと止まる。

『…壊セ』

この言葉の直後、相手の1人が文字通り「壊れた」。
それも、跡形もなく…。

「…結界!?」

相手は狼狽えた声を出す。

「…何処を見ている」

私は瞬時に間合いを詰めると、居合いの容量で、もう1人を斬り捨てる。

「…くっ」

残された相手は逃走を図る。

『冥…』
『…御意』

闇の中から現れた死霊兵が、最後の1人を取り押さえる。

『何カ、言い残す事ハ…?』

刀を振り上げ、相手の返答を待つ。

「そなた、何者だ?」
『…澄華』
「否!そなた、1人に非ず!!影が二つあるのは何故か!?今は、何者か!?」

(なんだ、気付いたのカ…)
私は獰猛な笑みを浮かべて答える

『妾は棲禍。澄華ガ影なリ…』
「まさか、そな…」
「では、閻魔様に宜しく…」


……

『相変わらズ、面白みの無イ』

私の声を無視し、私は里への帰路に就く。

『折角妾が種明かしをしていると言う二。そなたときたラ…』
「仕事は終わったんだ、寝たらどうだ?」
『ホホホ、固いところも変わらぬナ』
「…寝かされたいか?」
『おぉ、怖イ。でハ、仕事があれバまた呼んでくレ』


私から伸びていた二つの影が、静かに一つになっていった。
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://panzerfront0927.blog73.fc2.com/tb.php/60-e6e74c61

 | HOME | 

プロフィール

三枝澄華

Author:三枝澄華
名前:三枝澄華(棲禍)・・・(サエグサ スミカ)

雪の深い、ヘイアン北部出身。
忍の父と、祓魔師の母を両親に持つ式神使い。
忍衆に属していたが、とある事情で除隊している。
刀に長苦無で武装し、父譲りの剣・体術と、母譲りの結界術を得意とする。
最近、某所にて…「歩く武器庫」なるあだ名を付けられる(?

高い身長と目付きの悪さが特徴的。

深紅の目をし、黒い気配を纏うもう一人の自分(棲禍)を内に秘めている。


年齢:24歳
背丈:179cm
重さ:死にたいか・・・?
スリーサイズ:・・・死にたいようだナ(紅眼化)!!

式神
・骸骨鎧武者:冥(元辻斬り)
・大狼:白刹那(自由狼:光属性)、黒刹那(常識狼:闇属性)
・大鷹:焔鷹(傲慢:火属性)、凍鷹(卑屈:水属性)

家族
・兄上:紅春(旅立)
・姉上:麗鳴(旅立)
・義姉妹:森雪乃丈
・うり坊:ひげ、らむね、やみなべ

愛刀:雪椿鬼
具足:黒鋼


桔華


ちび助


最新記事


最新コメント


カテゴリ

澄華の不定期手記 (114)
顔絵 (3)
祓魔士の日々(RP) (19)
未分類 (10)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード