FC2ブログ

澄華の不定期日記

KOCのLGの住人、澄華の不定期日記。 興味の無い方は、「回れ右」を推奨

武士ッ子vs魔女ッ子(SS風)

※これは、21日の帝国闘技場での内容を文才のない人が脚色した物です。
薄っぺらい内容なのはご容赦願いたい。
容赦できない人は、回れ右を(礼

受付で登録を済まし、建物に入る。
技場へ通ずる門をくぐりコートに上がると…そこには何処かで見た顔が。

小柄な体に青い髪、特徴的なあの帽子…

(魔女ッ子!?)

そう…永遠の好敵手、リリティア殿が今宵の相手!
好敵手との対戦に、沸々と自分の闘志が燃え上がるのが分かる…。

「お手合わせ願います…」

そういうつつ魔道書を構える魔女ッ子も、気合い十分のようだ。
此方を見据える目が、全てを物語っている。

「始め!」

開始の合図とともに詠唱を始める魔女ッ子。
対する私は、魔女ッ子との間合いを詰めていた。

「本業」相手に、魔法の詠唱速度で勝負を挑むは愚の骨頂。
ならば、向こうの詠唱が済む前に一撃の下に仕留める以外に道はない。
もし、仕留め損ねたら…それまでということだ。

「…!!」

渾身の一閃を叩き込む…が、

(…浅い!!)

そう思った瞬間、周囲の空気が一変する。
そう、魔女ッ子が詠唱を終えたのだ。

「魔女っ子りりてぃん、るるるるる~♪」

魔法名が唱えられると、圧倒的な魔力が私を襲う。

「ぐっ…あぁ…っ…」

為す統べなく魔力に翻弄される私。
そして魔力が過ぎ去ると、ガックリと膝をついた。
何度か立とうと足掻いてみるが…腕に、膝に力が入らない…。
どうやらここまでのようだ…。

私の戦闘不能を確認した審判が魔女ッ子の勝利を宣言する。

「お手合わせ…、感謝…」

がっくり膝をつく私にそう挨拶すると、踵を返して去っていく魔女ッ子。

(あぁ、有り難う…な)

私は返礼を呟くと、意識が静かに沈んでいった…。
…やっぱり文才ないなぁ。
あぁ、恥ずかしい。

因みに、戦闘録は下記参照



澄華 VS リリティアの対戦が開始された!

澄華「…!」
澄華は魔法優先の構えをとった!

リリティア「お手合わせ願います…(魔道書構え)」
リリティアは魔法優先の構えをとった!

澄華が先に行動をとった!!

第 1 ターン!
澄華のHP:43
リリティアのHP:79

澄華「…!!」
澄華のクリティカル攻撃!!
リリティアに 60 のダメージ!

リリティアの周辺に見えない力が集まり始める…。
リリティアは「魔女っ子りりてぃん、るるるるる~♪」を唱えた。
リリティアは『天魔最終』を発動した。
澄華に 75 のダメージ!

澄華は戦闘不能になった!!

リリティアは戦いに勝利した!!
リリティア「お手合わせ…、感謝…(ぺこ)」
澄華「…(がくっ」


リリティアは 20 点の経験値を得た!
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://panzerfront0927.blog73.fc2.com/tb.php/40-fd6caf40

 | HOME | 

プロフィール

三枝澄華

Author:三枝澄華
名前:三枝澄華(棲禍)・・・(サエグサ スミカ)

雪の深い、ヘイアン北部出身。
忍の父と、祓魔師の母を両親に持つ式神使い。
忍衆に属していたが、とある事情で除隊している。
刀に長苦無で武装し、父譲りの剣・体術と、母譲りの結界術を得意とする。
最近、某所にて…「歩く武器庫」なるあだ名を付けられる(?

高い身長と目付きの悪さが特徴的。

深紅の目をし、黒い気配を纏うもう一人の自分(棲禍)を内に秘めている。


年齢:24歳
背丈:179cm
重さ:死にたいか・・・?
スリーサイズ:・・・死にたいようだナ(紅眼化)!!

式神
・骸骨鎧武者:冥(元辻斬り)
・大狼:白刹那(自由狼:光属性)、黒刹那(常識狼:闇属性)
・大鷹:焔鷹(傲慢:火属性)、凍鷹(卑屈:水属性)

家族
・兄上:紅春(旅立)
・姉上:麗鳴(旅立)
・義姉妹:森雪乃丈
・うり坊:ひげ、らむね、やみなべ

愛刀:雪椿鬼
具足:黒鋼


桔華


ちび助


最新記事


最新コメント


カテゴリ

澄華の不定期手記 (114)
顔絵 (3)
祓魔士の日々(RP) (19)
未分類 (10)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード